塾は実力主義|経験者は優遇されやすい塾講師|キャリアを積んで月収UP
男の人

経験者は優遇されやすい塾講師|キャリアを積んで月収UP

塾は実力主義

勉強する女子学生

学校の諸問題が要因

教師の世界には学校や塾など様々ですが、最近塾講師に就職する人が増加しています。学校の先生は昔から人気の職業ですが、最近では希望する人が少なくなっています。その理由の一つは社会の変化です。学校側の責任は昔より重くなっています。さらに部活動などの顧問などに強制的につかなければならないなど子供が好きであるとか教育に興味があるだけの理由ではつとまりにくくなっているのです。また公務員であるという性質上、給料も値上げされる傾向は少なく、安定性のみが確保されている状況です。そのため学校の先生より実力主義である塾講師に転向する人が増加しているのです。塾は少子化の煽りを受けて講師の需要は減っていますが、質の部分では、高まっています。

教える能力が重視

塾講師には専門的スキルが必要になります。その学科を誰よりも詳しく知っている事よりも人に教え込むスキルが必要になります。昔のように塾に通わせる動機はより高い学力をつけるためであり、やる気を出させるための塾通いはほとんどありません。かつてはやる気を出させることができる塾講師が必要でしたが、今はその必要はありません。学力に伸び悩む生徒をどのようにしてハードルを越えさせるのかが求められているのです。そのため、身に付けさせる教育方針を持っている講師が求められています。学校では発揮できなかった実力を存分に発揮することができるのが塾講師です。しかし単純にその学科に優れた能力を持っているだけではつとまらない世界になっているのです。